健康な体

健康な体

健康な体に生じてしまう浮腫だが、これはごくごく自然な事。

なぜか女性は、ふくらはぎの浮腫を嫌がっているが、人なら、下半身の浮腫自体はいたって自然な状態だ。

肌の美白ブームには、90年代初頭から徐々に女子高校生などに拡大したガングロなど、不自然なまでに黒く日焼けする独特なギャルファッションへの反論とも取れる内容が含まれているのだ。

メイクアップの長所:新しいコスメが発売された時の購買欲。

素肌とのギャップが楽しい。

多種多様なコスメに投資する事でストレスを発散される。

メイクアップをする事自体に面白みを感じる。

唇の両端、すなわち口角が下がっていると、顔の弛みはじわじわと進行していきます。

きゅきゅっと左右の口角を持ち上げた笑顔を作れば、弛みの防止にもなるし、何より見た目が良くなりますよね。

ほっぺたやフェイスラインの弛みは年老いて見られる原因になります。

お肌の張りや表情筋と呼ばれる筋肉の衰退が弛みに繋がりますが、それ以外に普段からおこなっている何気ない習慣も原因のひとつです。

早寝早起きを心がける事と7日間あたり2回以上楽しい事を続ければ、体の健康のレベルはアップすると言われている様だ。

こんな事例もあるので、アトピーに悩んでいる患者さんは皮ふ科の医院を受診してみましょう。

ほとんど慢性化するが、しかるべき加療により病状がコントロールされた状況に保たれると、自然に治る事が予期できる疾患なのである。

美白もしくはホワイトニングは、黒色色素が薄く、より明るい肌を求める美容の価値観、もしくはこのような状態の皮膚の事を指している。

主に顔のお肌について用いられる言葉である。

何となくPCのモニターに集中してしまい、眉間に縦じわ、その上に口角を下げたへの字(余談ですが私はシルエットから取って「富士山ぐち」と名付けました)をしているのではありませんかこれはお肌にとって最悪です。

形成外科や整形外科とは異なり美容外科が欠損や損壊のない健康体に外科的な侵襲を付け加える医療行為であるにも関わらず、安全への意識があまりにも疎かにされていた事が一つの大きな原因だと考えられている。

仕事、終電帰りの飲み会、見逃せない深夜のスポーツ観戦・翌日の家族のお弁当作りや食事の下準備…。

皮膚に悪いと言う事では承知していても、毎日の生活では長時間の睡眠時間を持てていない人が大半を占めるでしょうね。

更に日々のストレスで、メンタルな部分にまで毒素は山のように積み重なり、身体の不調も招いてしまう。

このような「心身ともに毒だらけ」というような意識こそが、苛まれた私たちをデトックスに駆り立てるのだろう。

身体中のリンパ管に並ぶようにして走る血液の巡りが鈍くなると、必須な栄養や酸素が届きにくくなり、結果として脂肪を多く定着させる大きな素因のひとつになります。

洗顔でしっかり汚れを取らなければいけません。

せっけんは皮膚に合ったものを使いましょう。

私の肌に合っているようなら、安い物でも問題ないですし、固形せっけんでも大丈夫です。

皮ふの若さを作り出す新陳代謝(ターンオーバー)、言いかえれば肌を入れ替える事が可能な時は案外限定されており、夜中眠っている間しかないそうです。

リハビリメイクという新しい言葉には、肉体の機能に損傷を受けてしまった人のリハビリテーションと同じように、顔や身体の外見にダメージをこうむった人がもう一度社会に踏み出すために教わる技という意味を含んでいる様だ。

メイクの欠点:泣く時にまさに阿修羅のような恐ろしい形相になる。

わずかに間違えただけなのにケバくなってみすみす地雷を踏んでしまう事になる。

顔をごまかすには限界を感じる事。

体に歪みが生じてしまうと、内臓がお互いを圧迫し合ってしまい、他の臓器も引っ張り合った結果、位置のズレ、臓器の変形、血液に組織液、様々なホルモンの分泌にも悪い影響をもたらすのだ。

メイクの利点:新しい製品が出た時のドキドキ感。

化粧前のすっぴんとのギャップの楽しさ。

いろんなコスメにお金をかける事でストレスが解消できる。

メイクアップそのものに楽しさを感じる。

現代社会に暮らしている私達には、体の内部には人体に良くない影響を与える化学物質が増え、さらには自らの体の中でも老化を促進するフリーラジカルなどが次々と生まれていると言われているようだ。

残業、終電帰りの食事会、見逃せない深夜のスポーツ観戦・翌日の家族のお弁当作りや食事の下準備…。

皮膚に悪いというのは知っていても

皮膚に悪いというのは知っていても、実は満足できるような睡眠を取れていない人が大半を占めるでしょうね。

ついついPCやスマホの画面に見入っていて、眉間に縦じわ、尚且つ口角を下げたへの字ぐち(因みに私はこの形を別称「富士山ぐち」とも呼んでいる様だ)をしているのではないでしょうねかこれはお肌にとって最悪です。

nail care(nail care)とは、手足の爪とその周辺の手入れ全般を指す言葉。

健康、ビューティー、ファッション、巻き爪処置など皮膚科の医療行為、生活の質(quality of life)の保全など多岐に渡る活躍の場があり、既にnail careは一つの確立された分野となっているのは自明の理である。

外観をきれいにする事で気持ちがはつらつとして余裕が出るのは、顔にトラブルのある人もない人も同じ事です。

私たちはメイクを己の中から元気をもたらす最良のテクニックだと認識しているのだ。

意識していなくてもPCに集中しすぎてしまい、眉間にしわを寄せ、且つ口角の下がったへの字(ちなみに私はこの形を「富士山口」と名付けました)をしていませんかこれはお肌にとって最悪です。